読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非電化工房弟子入り日記2016

非電化工房主催「WWOOFer研修プログラム(住み込み弟子)」にて2016年4月より弟子入りしました。1年間の出来事を綴ります。

裂けたゴム長靴の修理

ごきげんよう鈴木です。

とある休日、非電化工房の愛犬ムックと散歩しました。

足跡のない雪道を歩いていくのは結構愉しいものですね〜

 

今回は小ネタになります。

弟子生活の中で、ずっと使っていた長靴が裂けてしまいました。

使っていたのは、ワークマン WBP350 PVCカバー付きカラーワークブーツです。

store.workman.co.jp

ホームセンターで買うよりは良いかな〜程度の気持ちで購入したものです。

修行の間、農業から建築までずっと使っていたし、

しゃがんでの作業が多かった為か、折り目のついた部分から裂けてしまったようです。

 

色々探した結果、安価な修理方法としては、

自転車のパンク修理用のゴムのりとゴムパッチを使うのが良いみたいです。

早速手元にあった物を使って修理してみたのですが…その後めくれてしまいました。

擦り傷が多く表面がガタついていた+裂け目が大きかったせいかな〜と思います。

 

そしてまた色々調べて、たどり着いた方法。

自転車修理用のゴムパッチは再度使い、接着剤を新たに購入しました。

 シリコーンゴム系で硬化後も柔らかく馴染んでくれて、

耐候性もあるので長靴に最適みたいです。

 

ゴムパッチは鋏で切り取って使うような大きいものを使用しました。

大きめに切り、接着剤もたっぷり使って貼り付けました。

硬化後は境目の段差に接着剤を盛るように塗ってみました。今のところは雪かきに履いていっても問題なく使用できています。まだ材料は残っているし、何より長靴を新しく買うより安くすんだので、良しとしましょう。